スポンサードリンク
Home >> 勉強のコツ >> シスアドとは

シスアドとは

情報技術に関して一定の知識や技能を持ち、エンドユーザの立場で部門内の情報化を推進するために、次の役割を果たす。

・現状業務における問題点を把握し、情報技術を活用してその解決を図る。
・必要とする情報システムの一部構築とその支援を行う。
・情報システムの提供者側に対する利用者の意見や要望を提起する。
・情報システムの運用環境とシステム利用環境を整備する。

と願書には書いてあります。

通称『シスアド』と呼ばれる試験は、本当の名称は『初級システムアドミニストレータ』と言います。

勉強するに当たって、シスアドの役割をわかっていない人が多いように思います。

私がそうでしたので・・


会社にシステムを取り入れる際に、システム開発者とシステム開発を依頼し
た自分の会社との間の立場というような意味と私は理解します。

このような背景があっていかのような知識が必要なのです。

・システムは開発できないけど、概要について理解している。
・会社の業務で不便な所を理解している。


ただ漫然と勉強していても頭に入りづらいです。
今勉強している知識はどのように活用するのかを理解していると勉強していても頭に入りやすいですね。


私は、ネットワークの部分が一番役に立ちました。

| sisuado | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 2009.03.04 Wednesday | category:勉強のコツ
Comment








Trackback

スポンサードリンク

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Profile

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode